タバコと老化

男性の喫煙率が減っているのに対し、女性の喫煙率は変わっていません。これはどうしてなのでしょうか。男性の喫煙が減っているのは、会社などの健康診断でメタボや生活習慣病と指摘されている人が多いからだと言われています。そのために会社内で禁煙をする人が増え、仲間内で禁煙をする人同士が多いからなのです。一人で禁煙することは難しいですが、誰かと一緒に禁煙をすれば競い合ってできるので、禁煙成功率は高いと言われています。その点女性の喫煙者は本来そんなに多くないですから、仲間内で禁煙をするということも少ないために、どうしても禁煙をする人も少ないというわけです。しかしタバコは健康を損なうためだけではなく、美容には最悪なものなのです。タバコを吸うと、大量の活性酸素が発生します。この活性酸素が大量発生してしまうと、体内を酸化させてしまうこととなります。体内が酸化するということは、体に錆びさせてしまうということです。わかりやすく言えば、体を老化させてしまうのです。タバコを吸う人は、体に様々な悪影響を与えています。タバコを吸う人が、吸わない人よりも寿命が短いというのが、その証拠でもありますよね。またお肌にもタバコは良くありません。血管が詰まってしまい、肌からハリツヤを奪ってしまう事になるのです。少しでも若くいたいと誰でも思っているはずです。若い肌でいるためにも、喫煙をしている人は禁煙する努力をしましょう。